ブログで収入を得たいと思った人がまず最初に読む本【おすすめ3選】

ブログで収入を得るということ

ブログで収入を得るということは、自分の労力をお金に換えるという働き方とは根本的に異なる。

それゆえ、最初は驚くほど労力に見合っていないと感じるものである。

 

しかし、長いモノサシで考えることができれば、ロングテールで収入を生み出すことができるというのもまた事実である。

 

「チリもツモれば山となる」ということわざがある。

 

最初の1円からはじまり、数円、数十円、数百円、数千円、数万円、数十万円、数百万円・・・と生んでいく。

長期的に、継続的に、コンテンツを増やしていけばいくほど、それは次第に大きくなっていく。

 

この世界では、そのような長いモノサシで考えることができる人ほどうまくいく。

ただし、それもやみくもにやっていたのでは、なかなか結果は出てこないだろう。

 

だからこそ、うまくいっている人の知恵を学び、自ら実践しながらコツをつかんでいくのが大事なのだ。

 

その知恵を学ぶ本として、下記に3冊をご紹介いたします。

 

世界一やさしい ブログの教科書 1年生(染谷昌利 著)

記事の書き方やネタの探し方といった基礎の基礎から、アクセス解析機能を使った効率的なブログ運営のノウハウまで、ブログ運営における「困った」をすべてを解決します。

この本のとおりにブログを続ければ、楽しく継続的にブログで稼げちゃいますよ!

さらに阿部敏郎氏をはじめとする17人ものブロガーへのインタビューもたっぷり掲載し、まさに永久保存のブログの教科書です。

これからブログをはじめたい人、行き詰まり経験者、一度は諦めてしまったという人も、この本と一緒に頑張ってみましょう!

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生(染谷昌利・イケダハヤト 著)

アフィリエイトの達人2人による、はじめての人、やりなおしたい人のためのアフィリエイト徹底攻略本!サイトのつくり方から売れる商品の選び方、思わずほしくなる記事の書き方、ゼロから100まで教えます!

『ブログ飯』の染谷昌利と、その言動が常にネット界を熱くするイケダハヤト。2人の視点から語られた本書は、アフィリエイトの基本から王道までを完璧に網羅するものとなりました。

「アフィリエイトの教科書」というタイトルの通り、この1冊でアフィリエイトの開始から収益を上げられるようになるまでを事細かに解説しています。

アフィリエイトの原理原則や基本となる内容をベースに具体事例も満載。この本をしっかり読み込んで、実践し、継続すれば一定の成果まで進むことをお約束します。

ローリスクで楽しく収入を増やせるアフィリエイトの入門書が、あなたの副業ライフを豊かにしてくれます。

 

武器としての書く技術(イケダハヤト 著)

一般ビジネスマンやお店の店員、学生や主婦であっても、自分のブランドを上げ、お金に変えられる手段がある。それは「書く」ということだ。

自分の知識やノウハウ、経験を書いてアウトプットすることで、世間から注目される。ブログなどネットの環境は揃った。あとは動くだけだ。今の時代は「ネットでモノを売れる」人が生き残る時代でもある。

本書では月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」イケダ氏が「稼ぐための書く技術」を惜しげもなく披露。

何を書けばいいか、どう書けばいいか、書き続けるにはどうすればいいか、それを広めるにはどうすればいいか。人を動かす書く技術は、これからを生き抜くための必須能力なのだ。

 

ブログに関する本や情報はそれこそ山のようにありますが、あまり多くの情報に手を出して惑わされることなく、今回ご紹介した本にしたがって、自ら実践して力をつけていくのが近道だろうと感じています。

 

ブログで収入を得てみたいと考えている方は、どうぞご参考にしてください。

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。