いつもの自分を崩していく

ついつい、いつもと同じ行動をとってしまっていませんか?

 

人には現状を維持しようとする力が働いています。

だから、いつもと同じような行動をとるのは自然なことかもしれません。

 

しかし、自分を変化させていくためには、意識的に日常を崩していく必要があります。

 

それは、ちょっとしたことで構いません。

 

行ったことのない街を歩いてみる。

行ったことのない新しいお店で食事をしてみる。

いつもは読まないジャンルの本を読んでみる。

・・・

 

いつもと違うことをやると、居心地の悪さを感じます。

なんかワサワサとした、落ち着かない感じがします。

いつもとは違う神経が動き出すのかもしれません。

 

新しいことをやるので、一時的には失敗したと感じることもあります。

しかし、それ以上に得るものがあります。

その失敗も含めて、ひとつの体験として獲得することができるのです。

 

成長とは、今までの自分を変化させていくことです。

自分を成長させていくためには、積極的にいつもの自分を崩していってください。

 

なぜなら、そのいつもの自分の枠の外に、成長するためのチャンスがあるからです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。