映画「スティーブ・ジョブズ」を観て心に響いた言葉

U-NEXTにて、映画「スティーブ・ジョブズ」を観ました。

Apple社を創設し、MacやiPhone、iPadを生み出した伝説の事業家「スティーブ・ジョブズ」の伝記的映画です。

 

その映画の中で、ついメモしたくなる言葉がたくさんありました。

その心に響いた言葉をあなたにシェアします。

 

「時間をかけ、いいものを作れ」

「熱心に取り組むことで、忍耐力を手にできる」

「無理というのは聞きたくない」

「アップルを再びクールにする」

「世界を変えられると本気で思う人間だけが世界を変えられる」

 

いまの現実を見て、できるかどうかを考えるのではなく、常に未来のありたい状態を描いて、行動していくジョブズがそこにいました。

 

機能とは関係のない美しい文字フォントへのこだわりや、外からは見えないコンピュータ内のパーツの並びまで徹底的にこだわるジョブズ。

「クールかどうか」という美意識が、決して妥協しないジョブズの人生の基準だったのかもしれません。

 

映画「スティーブ・ジョブズ」予告編

 

「世界を変えられると本気で思う人間だけが世界を変えられる」

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介