未来は過去の延長線上を行くものではない

タイトル

未来は過去の延長線上を行くものではない 〜自分に目覚めるフォトメッセージ〜

 

はじめに

“成功しないほうがおかしい。

それぐらいの強氣でいい。

成功することを前提にしているから、成功するやり方が見えてくるんだ。” (本文より)

 

あなたが発する言葉が、あなたの現実を創造します。

だからこそ、短い言葉で大事なメッセージを伝える本書を作りました。

 

本書のテーマは「成長」です。

 

人生を生きていると、しんどいと感じることもあるでしょう。

そんな時こそ、自分を励ますように読んでみてください。

 

目次

01 未来は過去の延長線上を行くものではない
02 制限しているのは自分自身
03 もっと自分に期待していい
04 先に器を大きくする
05 まず決断が先にある
06 チャンスはいつもそばにある
07 改善する姿勢に魅力が表れる
08 情熱は後から湧いてくる
09 0か1かで考えない
10 速さではなく早さで勝つ
11 もっとプロセスを楽しみたい
12 だんだんと良くなってきている
13 できたことに意識を向ける
14 淡々と実現を想う
15 失敗はプロセスの一部
16 行き詰まった時こそチャンス
17 どん底の時にそのチャンスは来る
18 自分の中の何が実現を止めているのかと考える
19 自分に見えているものなんてほんの一部でしかない
20 エジソンは同じことを繰り返していたわけではない
21 結果は準備ができている人のところに表れる
22 本当の強さとは
23 成功しないほうがおかしい
24 実現力

 

著書

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。