会社を辞めたいと思ったら読む本

会社を辞めるその前に

会社を勤めをしている方であれば、会社を辞めたいと思ったことは一度はあるかもしれません。

 

・仕事にやり甲斐を感じられない

・職場の人間関係がうまくいかない

・ハードワークでもう限界を感じている

など、人によって、さまざまな理由があるでしょう。

 

しかし、その会社を辞めて、新しい会社へ転職したとしても、また同じようなことが起こるかもしれません。

 

外的な環境をいくら変えても、それに対する内的な意識が変わらないとまた同じことが起こる。

これは、物理学や脳科学でも証明されつつあると言われています。

 

しかし、どうやって意識を変えればいいのか?

そんな内的な意識を変える手助けをしてくれるのが、今回ご紹介する本です。

 

仕事を辞めたくなるような状況に新たな視点を与えてくれる本です。

もし会社を辞めたくなったら、辞表を提出する前に一度読んでみてください。

 

常繕さんの幸せドリル(さとうみつろう 著)

会社の雑用係である“営繕係さん”が、長年の経験を元にサラリーマンたちの抱える悩みを次々と解決していく小説仕立ての長編ストーリー。

上場企業で10年間のサラリーマン経験がある作者ならではの、少し笑えて、少し泣けて、そして多くのウロコが目から落ちる一冊。

新潟へ単身出向した主人公は、バリバリの営業課長。自信満々で営業のテコ入れに取り組むが、彼がそこで学んだのは東京では通用しない、サラリーマンのウルトラCのルールだった……。

あなたはきっと読後に、「こんな解決法、きいたことがない!」とスッキリした顔で言うはず。

会社を辞めるか辞めないかを悩む前に、少し一呼吸おいて読んで欲しい本である。

第1話:部下が協力してくれないから

第2話:先輩が脱サラに成功したから私も

第3話:会議の時間が長すぎてイライラするから

第4話:部下に何度指示しても動いてくれないから

第5話:パワハラ相談を会社側に出来ないから

第6話:職場の飲み会が嫌だから

第7話:優秀な同僚と比べられるから

第8話:仕事にやり甲斐を感じないから

第9話:上司だけど重たい決断が苦手だから

第10話:職場の人と趣味が全く合わないから

第11話:部下がいつもヘマばかり起こすから

第12話:仕事で重大なミスをおかしてしまったから

第13話:月に120時間の残業でボロボロだから

第14話:子供は作らないでと上司に言われたから

第15話:昼食を一緒に食べる相手がいないから

第16話:出世レースにうんざりするから

第17話:ボーナスが3年間出ていないから

第18話:自分の意見が通らないから

 

ものごとの視点が変われば、世界は違って見えてきます。

あなたの悩みが解消するきっかけになれば幸いです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。