個人事業主・フリーランスのための「はじめての確定申告」

はじめての個人事業主

私は2011年3月に勤めていたシステム開発会社を退職して、個人事業主になりました。

それから3年後に法人化しましたが、それまでは毎年自分で確定申告をしていました。

 

その時、毎年困っていたのが「会計ソフト」です。

パソコンはMacを使用していたのですが、Mac用の会計ソフトであまり良いのがなかったのです。

しかし、その後「クラウド会計ソフト」というのが出てきました。

 

クラウド会計ソフトは、パソコンにインストールしないで使えるため、MacでもWindowsでも使えます。

急にパソコンが壊れてしまったとしても、データはクラウド上にあるため安心です。

クラウド会計ソフトなら「freee」が良いと思います。

 

はじめての確定申告

はじめて個人事業主になる方は、確定申告はわからないことだらけでしょう。

私も本を買ったり、インターネットでいろいろ調べたりして、自分で確定申告をしていました。

 

しかし、いま考えてみると、経費にできたものも結構あったりして、必要以上に税金を支払っていました。

いま思えば、最初から税理士さんに相談しておけば良かったなと思います。

確定申告は税理士さんに相談してみよう

 

個人事業主ほどお金の流れを把握すること

個人事業主にとっては日々の会計業務や確定申告の作業は本業ではないため、おろそかにしがちです。

しかし、毎月の収支を把握し、お金の流れを把握することは、事業をする上では、とても大切なことです。

 

個人事業主ほど、お金の流れを把握することが大切だと感じています。

 

「改善するには、まずは記録すること」

 

お金の流れを把握することで、新たに見えてくることがきっとあると思います。

毎月の収支がおろそかになっている方は、ぜひこの機会にあらためてお金の流れを俯瞰してみてください。

 

全自動のクラウド会計ソフト「 freee(フリー)」 〜日々の経理から確定申告まで〜

 

あなたもクラウド会計ソフト「 freee」を試してみてはいかがですか?


どうぞご参考にしてください。

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。