感謝を超えた意味合いも!「ありがとう」の本来の語源とは?

「ありがとう」

言っても言われてもうれしい言葉ですよね。

 

感謝を表す言葉「ありがとう」

この言葉には、実は感謝を超えた意味合いがあります。

 

その「ありがとう」の本来の語源とは?

 

「ありがとう(有難う)」(語源大辞典・東京堂出版)

感謝の気持ちを示すことば。

もとは、「有難う」は、文字通り「有り得ないこと」であった。

かつては、人間わざを超えた神の徳や力を称えたことばであった。

室町時代には、神をたたえ、仏の道をきいて感激する意で用いられていた。

めったにないことを感謝する意味になったのは元禄時代ごろ。

このように、もとは神仏にたいして用いていたのが、人にたいする礼のことばとなった。

 

「ありがとう」は、もともとは神を称える言葉でした。

人間わざを超えた神の徳や力を称える言葉だったのです。

 

言葉は言霊です。

言葉には力があります。

 

とりわけ日本では、古来より「ことだまのさきわうくに(言霊の幸ふ国)」と言われてきました。

言葉の霊力が幸福をもたらす国ということです。

 

あなたもこのような意味も含めて、「ありがとう」を使ってみてはいかがですか?

 

きっとそこに新たな力が宿るでしょう。

 

関連記事:感謝の言葉「ありがとうございます」の本当の意味

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。