願望を現実化する3ステップ by 願えばかなうエイブラハムの教え

願えば、かなう

今回は、「願えば、かなう エイブラハムの教え(エスター・ヒックス + ジェリー・ヒックス 著)」より、願望を現実化する3つのステップを学びます。

 

創造のプロセスはシンプルだと言います。

それがエイブラハムが教える「願望を現実化する3ステップ」です。

 

願望を現実化する3ステップ

ステップ1 求める

ステップ2 答えが与えられる

ステップ3 与えられた答えを受け取る、すなわち許可する(与えられた答えは招き入れなければならない)

下記に詳しく見ていきます。

 

まずステップ1は、「求める」というステップです。

 

【ステップ1】求める

あなたが焦点を定めることで、「ステップ1」は無意識のうちに実行されます。あなたの願望はそのようにして生まれます。繊細で、ことによると意識さえしていない願望から明確な願望まで、すべては日常のさまざまな経験から生まれます。願望は変化に富んだ多様な環境に置かれることで生じます。こうして「ステップ1」は何もしなくても実行されます。

ここで注目したいのは、願望というのは日常の中で自然と生まれているということです。

あれ欲しいなあとか、これ食べたいなあとか、こういう生活したいなあとか、こういった願望もここで言う「求める」というプロセスを実践しているということです。

 

願望の現実化というと、目標をはっきりと明確にしたり、きちんと紙に書いたりしたこと等だけが願望として認識されると考える方もいるかもしれませんが(もちろんそういう方法もありますが)、そういったかたちでなくても、日常生活の中で私たちは自然とこのステップ1を実施しているということです。

 

次にステップ2を見ていきます。

ステップ2は「答えが与えられる」というステップです。

 

【ステップ2】宇宙が応える

「ステップ2」は簡単です。これは”見えない”世界の仕事、”大いなる力”の領域です。あなたが求めるものは大小すべて例外なく、ただちに理解されて十分に提供されます。個々の”意識”は求める権利と能力を備えており、すべての”意識”が尊重され、ただちに応じられます。

「求める」ときは言葉を使うこともありますが、多くの場合、あなたが選んだ願望が絶え間なく流れ出し、波動として放たれ、そのため、より洗練された新しい願望が次々と生まれます。

どんな質問にも答えが与えられ、どんな願望も実現します。ところが、たくさんの人が実現しなかった例を挙げて反論するのは、重要な「ステップ3」をまだ理解しておらず、その手順を終えていないからです。

ステップ1で求めた願望に対して、ステップ2で、その要望に宇宙が応えます。

「どんな願望も実現します」と書かれています。

 

しかし、ではなぜ求めたの願望が実現されないと感じることがあるのでしょうか?

 

その重要なポイントが「ステップ3」にありそうです。

 

【ステップ3】許可して招き入れる

「ステップ3」は、”許可する技”を適用する重要なステップです。誘導システムはこれのためにあると言えるでしょう。ここでは、あなたの”存在”の波動と願望の波動の周波数を合わせます。

ラジオを聴きたい局の周波数に合わせるように、あなたの”存在”の波動を願望の波動の周波数に合わせないといけません。これを”許可する技”と呼びます。

すなわち、求めているものの受け取りを許可するのです。受け取る態勢が整っていなければ、質問に回答が与えれていても、答えてもらっていないように思えます。あるいは願望が実現していないように思えます。それは願望が聞き届けれられていないのではなく、波動が合っておらず、招き入れていないだけなのです。

このステップ3の「許可する技」というところが重要。

つまり、「周波数を合わせる」ということが重要なポイントのようです。

 

では、その周波数を合わせるためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

周波数がずれてしまう原因

あらゆる対象は、望むものと望まないものに分けられます。

望むものについて考えていると思い込んでいても、実際は正反対のことにを考えていることがあります。

つまり、「元気になりたい → 病気になりたくない」「経済的安定を得たい→お金がない経験をしたくない」「ゆるぎない関係で結ばれたい→一人でいたくない」と考えてしまうのです。

つまり、いつの間にか望んでいた願望ではなく、「ない」状態の方に関心を向けてしまっているのです。

こうやって、周波数がずれていってしまうのです。

 

感情を指針とする

欲しいものについて考えることと、それがない状態について考えることを比較して区別するのを難しいと感じるかもしれません。

そんなときは、シンプルに「感情」を感じてみるのです。

 

エイブラハムはこう言っています。

感情はあなたがこの瞬間に抱いた願望によってどれだけのソースエネルギーを呼び集めているかを教えてくれます。

何かを本気で求め、その願望について考え、そのことに喜びを感じているとき、思考の波動は願望と一致しています。

今味わっているいやな感情の強さで、願ったものを受け取ることにどれだけ抵抗しているかがわかります。

 

感情は、私たちがたった今、何を引き寄せているかを教えてくれます。

だから、エイブラハムは何度も言い続けるのです。

 

「いい気分でいなさい」と。

 

願望実現の秘訣や引き寄せの法則について学びたい方は、ぜひ読んでみると良いと思います。

 

どうぞご参考にしてください。

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。