SEO対策「パンくずリスト」と「サイトマップ」の活用

SEOの学びを深めるために、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考に、あらためてSEOについて学んでいます。

 

【関連記事】

SEOの基礎「適切なページタイトルを付ける」

SEOの基礎「descriptionメタタグを設定しよう」

SEO対策「シンプルなURL構造を維持する」

 

今回のテーマは、「ナビゲーションをわかりやすくしよう」です。

 

ナビゲーションをわかりやすくしよう

サイトのナビゲーションは、ユーザーが迅速に目的のコンテンツにたどりつけるようにするために重要です。

また、同じく検索エンジンにとっても重要な要素になります。

 

そのナビゲーション向上のための具体的な方法として、「パンくずリスト」「サイトマップ」の活用があります。

 

パンくずリストを設置する

パンくずリストとは、サイト内のページの位置をわかりやすくするために、内部リンクを一列のツリー構造で表現したものです。

このパンくずリストを設置することで、ユーザーの利便性が向上します。

 

WordPressを活用している場合は、「Breadcrumb NavXT」というプラグインを活用することで、パンくずリストを実装することができます。

 

次に、サイトマップの実装についてです。

 

サイトマップを活用する

サイトマップとは、サイト内のページリンクをまとめたものです。

サイトマップには、「ユーザー向け」と「検索エンジン向け」の2つのサイトマップがあります。

 

WordPressを活用している場合は、下記のプラグインを活用することで、それぞれのサイトマップを実装することができます。

 

ユーザー向けサイトマップ:PS Auto Sitemap

検索エンジン向けサイトマップ:Google XML Sitemaps

 

また、サイトのページ間をつなぐナビゲーションをテキストリンクにすると、検索エンジンがクロ ールしやすく理解しやすいサイトにすることができます。

どうぞご参考にしてください。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ソーシャルメディアスクール

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。