なぜできないと思うのですか?

「なぜできないと思うのですか?」

 

パーソナルコーチングにおいて、このような質問をすることがあります。

 

そうすると、できない理由がたくさん挙がります。

 

「そんな実績ないし・・・」

「そんな才能ないし・・・」

「そんな時間ないし・・・」

 

しかし、それは事実ではありません。

それは、そのクライアントさんの信念です。

 

つまり、自分がそうだと信じている ”思い込み” なのです。

 

その信念を崩していくことで、自分に対する可能性を感じることができるようになってきます。

もしかしたら「できるかもしれない」と感じることができるようになっていきます。

 

願望を実現するためには、この「できるかもしれない」という感覚が必要なのです。

この感覚を育てて、大きくしていくのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。