行動できる自分になる方法

すぐにやることがいいとはわかっていても、ついつい後回しにしてしまいがちです。

しかし、実際すぐにやってみると、意外とたいしたことないと思うことも多いのではないでしょうか。

 

すぐに動ける自分になるためには、トレーニングが必要です。

思い立ったら、すぐに動くトレーニングです。

 

例えば、

アイデアが思い浮かんだら、すぐにメモをする。

ゴミが氣になったら、すぐに捨てる。

返信する必要があるメールは、すぐに返信する。

 

どんなに小さな行動でもいいのです。

思い立ったら、すぐに動いてみてください。

 

それを続けていると、すぐにやることに慣れてきます。

すぐやる習慣ができてきます。

 

それを続けていると、行動できる自分ができてきます。

 

最初の一歩だけでいいのです。

なにかを思い立ったら、最初の一歩だけ動いてみてください。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。