一見「不幸」だと感じることの裏側に「幸せ」が隠れている

この世は両極のバランスでできている

・陰と陽
・プラスとマイナス
・光と影
・男と女
・意識と潜在意識

この世界を見渡してみると、この世は両極のバランスでできていることに氣づきます。

 

日常生活においても、一見不幸だと感じることの裏側に、幸せを感じることが隠れていることに氣づきます。

 

お腹ペコペコの時ほど・・・

たとえば、お腹ペコペコの時ほど、ごはんを食べたときに、幸せを感じますよね。

また、寒いときに、あったかいお風呂に入れば幸せを感じますし、すごい眠いときに、ぐっすり眠れたときは幸せな氣持ちになります。

 

しかし、だからといって、食べすぎたり、お風呂に入りすぎたり、寝過ぎたりもすれば、逆に体調も悪くなるものです。

 

このように、この世はバランスで成り立っています。

 

マイナスとプラスが、ちょうど良いバランス、つまり0になったとき、幸せを感じるものなのかもしれません。

 

つまり、マイナスとプラスは、両方でセットになっているのです。

 

バランスの法則

お腹ペコペコ(−)→ 食べる(+)= 幸せ(0)

すごく寒い(−)→ 温かいお風呂(+)= 幸せ(0)

眠い(−)→ ぐっすり眠る(+)= 幸せ(0)

 

このように、両極があってバランスがとれているのです。

この両極のバランスで成り立っているのが、この世の法則なのかもしれません。

 

そして、私はこのバランスの法則が、願望実現においても当てはまることに氣づいたのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。