引き寄せの法則の原理

類は友を呼ぶ

引き寄せの法則とは、どこか外側にあるものを自分のところに引き寄せるというイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

 

引き寄せとは、いま自分が発しているものと同じものを引き寄せるということです。

「類は友を呼ぶ」という原理です。

 

したがって、この世の不足を見ていると、不足を引き寄せてしまうのです。

 

不足を見ていると不足を引き寄せる

たとえば、こういうことです。

 

幸せになりたい

つまり、今は幸せではない

だから、幸せではない現象が表れる

 

お金持ちになりたい

つまり、今はお金持ちではない

だから、お金がない現象が表れる

 

これが引き寄せの法則の原理です。

 

「なりたい」という状態は、その状態との分離を生み出す

このように、「なりたい」という状態は、その状態との分離を生み出してしまうのです。

だから、幸せになりたいと考えていると、逆に幸せから離れてしまうのです。

 

この引き寄せの法則の原理が、幸せを実感するためにも押さえておくべき大事な原理なのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。