目標に期限を設定する意味とは

目標には期限を設定することが大事だと言われます。

 

しかし、多くの人は目標に期限を設定することを嫌がります。

なぜならば、目標に期限を設定すると、それを達成できなかった時にネガティブな氣持ちになるからです。

 

しかし、目標に期限を設定する意味は、それを達成すること自体にあるのではありません。

 

目標設定というのは、緩くすれば達成が容易になりますし、厳しくすれば達成できないかもしれません。

つまり、達成できるかどうかが重要なのではありません。

 

それよりも、目標に期限を設定すること自体が重要なのです。

 

私にとって目標に期限を設定する意味は、行動のスピードを作るためです。

 

目標に期限があることで、自分がどのくらいのスピードで行動すればよいかが決まります。

その設定した期限が、マイルストーンになるのです。

 

もし期限がなければ、先延ばしにしたり、あるいは、逆に飛ばし過ぎたりしてしまいます。

行動を持続するために大事なのは、リズムです。

その行動のリズムを作るために、期限が必要なのです。

 

ぜひあなたの目標にも期限を設定してみてください。

期限を設定して、行動のリズムを作っていきましょう。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。