自分で改善していくプロセスに本当の学びがある

学びは実践してこそ、はじめて意味を持つ。

 

ひとつの学びを徹底的に実践していると、新たに氣づくことがある。

その氣づきをもとに、自分で改善していく。

 

その自分で改善していくプロセスに、本当の学びがあるんだ。

 

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。