具体的に考える

私がコーチングセッションの中で意識していることのひとつが、「具体的に考える」ということです。

なんとなく漠然としているものを、より具体的にすることで見えてくるものがあります。

 

具体的に考えるにあたって、5W2Hの視点を活用するのもひとつの方法です。

 

なぜ(Why)

いつ(When)

誰が(Who)

どこで(Where)

何を(What)

どのように(How)

いくらで(How much)

 

そうやって、やりたいことが具体的にイメージできるとワクワクする感情が湧いてきます。

そのワクワクする感情が、行動へと駆り立てるのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。