マイナスエネルギーとの向き合い方

エネルギーは循環する

本来、マイナスは悪いものではありません。

マイナスがあるからこそ、プラスがあるのです。

 

エネルギーが動いている以上、プラスにもなるし、マイナスにもなります。

それは、波のように動いていくものなのです。

 

波形をイメージしてください。

 

マイナスが深ければ、プラスも高くなります。

そうやって、エネルギーは交互に循環しているのです。

 

したがって、マイナスを避けているとその循環がうまくいかなくなるのです。

 

肯定すると自然なかたちで流れていく

マイナスは恐れるものでもありません。

必要なエネルギーです。

 

しかし、それを避けているとその流れが滞ってしまいます。

 

そのためには、受け入れることです。

受け入れるとは、肯定することです。

 

エネルギーは、肯定すると自然なかたちで流れていくのです。

 

老子はこう言います。

「身に迫ってきた苦悩も打たれるに任せる覚悟になれば、打たれることが苦痛でなくなるものだ。

そうなった時、苦痛という苦痛は、あなたの前から消滅するだろう。」

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。