コーチングとは

コーチングとは

対話によって、相手の能力を引き出し、自発的な行動をサポートするコミュニケーションの技術

 

「コーチ」の語源

 

コーチングのさまざまな定義

コーチングにはさまざまな定義がありますので、下記に参考文献として掲載いたします。

 

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。(Wikipedia「コーチング」)

 

必要とするスキルや知識の学習能力を高める育成方法論。人間は自己実現に向かって、主体的に、能動的に行動するという人間観に立つコーチングは、「答えは相手の中にある。コーチの役割は答えを相手から引き出し、目標達成の行動を相手に促すこと」が鉄則とされる。このことからコーチングは知識ではなく、あくまでもコミュニケーション・スキルである。米企業では、部下の業績向上の有効な手段として、管理者にコーチングの習得が求められている。(ASCII.jpデジタル用語辞典)

 

目標を達成するために必要となる能力や行動をコミュニケーションによって引き出すビジネスマン向けの能力開発法。 〔1960年代からアメリカで広まった〕(大辞林 第三版)

 

指導を行う場面で、対象者の自発性を促進するためのコミュニケーションスキルの1つ。組織内におけるコーチングとは、相手と同じ土俵に立ち、効果的な質問を投げ掛けることで、相手の本来の能力や意欲を引き出していくことを目指す。(ナビゲート ビジネス基本用語集)

 

コーチング(Coaching)とは、コーチとのコミュニケーションを通じて、「個性や特質及びモチベーションを引き出し、本人自身のGOAL実現に向けて自発的行動を促す人間技術」のこと。(人事労務用語辞典)

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。