潜在意識の現状維持メカニズム

DM6に学ぶ「潜在意識の現状維持メカニズム」

私には約10年前から何度も繰り返し聴いている音声プログラムがあります。

それが「ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム(DM6)」です。

 

DM6は、セラピストである石井裕之さんがコーチとなって、目標実現をサポートしてくれるプログラムです。

私はこのプログラムを購入して以来、本当に何度も何度も繰り返し聴いて、実践してきました。

今回はその中から、「潜在意識の現状維持メカニズム」について、そのエッセンスをシェアさせていただきます。

 

最初の行動の中にすべての種がある

「最初の行動の中にすべての種がある」と石井裕之さんは言います。

そして、最初の一歩ほど、最もエネルギーが必要なのだ、と。

 

たとえば、車でもそう、止まっているものを動かすには、大きなエネルギーが必要なのです。

だからこそ、まず最初の小さなステップが重要。その最初の小さなステップを踏み出していくことで、だんだんと動ける自分ができてくるのです。

まさに、行動が行動を生み出していくのです。

 

しかし、ある時、・・・

 

「変わりたい自分」と「変わりたくない自分」

あなたも何か新しいことをはじめてしばらく経つと、なんとなく面倒になったり、急にやめたくなったりしたことはありませんか?

 

私は大いにあります。ある時、ふとやめたくなる時が来るのです。

理由はわからないけど、急に面倒になったり、なんかばかばかしくなったりするのです。

 

私はそれを自分の頑張りが足りないからだとずっと思っていました。

しかし、そこには潜在意識のある作用が関わっていたのです。

それが「潜在意識の現状維持メカニズム」です。

 

一言で言えば、今までの自分に戻そうとする潜在意識の作用と言えるでしょう。

このことを学び、自分の中には「変わりたい自分」と「変わりたくない自分」がいることに氣づかせていただいたのです。

 

潜在意識の現状維持メカニズム

人には現状を維持しようとする力が働いています。今の状態を保つことで、自分を守ろうとする本能的な力です。

意識では自分を大きく変化させていきたいと思う一方、今までと変わらない状態に引き戻そうとする、相反する力がいつも働いているのです。

したがって、急激に自分を変えようとすると、その分大きな反発の力が働きます。急激なダイエットでリバウンドしてしまうのもこの力が働いているのです。

 

それまでの私は意識だけでなんとかしようとしていました。それが行動が続かず、挫折してしまう原因だったのです。

 

しかし、私はこのプログラムをきっかけに、潜在意識のことを深く学びはじめました。

潜在意識の現状維持メカニズムを常に意識するようになりました。

そこから私の行動は大きく変わっていったのです。

 

私はわかった氣になっていないだろうか?

この時代を生きていると、いろんなことに対して、わかったような氣になってしまいます。

この「潜在意識の現状維持メカニズム」に関する学びも同様です。

知識として知っているどうかだけでなく、自分のものになっているかどうかこそが大事なのです。

そのために、私は実践を重ねていきました。

 

実践といっても、難しいことをやるわけではありません。

DM6をパートナーとして、自分ができることを重ねていくだけです。

 

そうやって、実践を重ねていくにつれて、私の人生は大きく変わっていったのです。

 

あなたもぜひ実践してみませんか?

ダイナマイトモチベーション6か月プログラム(DM6)

 

私にとっては、10年前からまったく色褪せることがありません。

聴くほどにまた新たな氣づきがある、私の実践的コーチングバイブルです。

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。