ティーチングとコーチングの違い

ティーチングとは

ティーチングは、教えるという意味の英語「teach」からきています。

 

ティーチングを行う時の関係性は、「先生」と「生徒」の関係になります。

答えを持っている先生が、未経験な生徒に対して指導していくのがティーチングです。

 

初心者が基礎知識や技術を学ぶ場合には、有効な人材育成方法であると言えるでしょう。

 

ティーチングとコーチングの違い

ティーチングが、答えを相手に「教える」ことに対し、コーチングは、相手の中にある答えを「引き出す」ことを目的としています。

 

コーチングは、特定の方法や考え方を押し付けるのではなく、相手に複数の視点をもたらします。

自分の中にあるリソースに氣づいてもらい、自発的な行動をサポートするのがコーチングの役割です。

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。