電子書籍を活用した「セルフパブリッシング」の可能性

セルフパブリッシング

電子書籍を通じて、今までになかった新たなマーケットが生まれました。

それが「セルフパブリッシング」です。

このセルフパブリッシングを通じて、個人が自由に出版できる時代になったのです。

 

電子書籍を活用することで、専門家としてブランディングしたり、印税収入を得たり、新たなつながりを生みだすことができます。

さらには、Amazonという巨大メディアを活用することで、それは今までになかった新しいマーケティングツールにもなり得るのです。

 

電子書籍ならではの編集が必要

私はこのセルフパブリッシングに大きな可能性を感じています。

しかし、それを十分に活用している人はまだまだ少ないのが現状かもしれません。

 

そもそも、電子書籍自体にまだ馴染みがないこともあるのでしょう。

紙の書籍の電子化に関しても、出版社は既存の本をほとんどそのままのかたちで電子化しているだけです。

 

たとえば、個人的には電子媒体で読む時には、まず縦書きが読みづらいと感じています。

紙の書籍は縦書きがしっくりくるけど、電子書籍は横書きの方が読みやすいのです。

なぜならば、ウェブはすべて横書きで、私たちはそれに慣れているからです。

 

また、電子媒体で読むには一冊の分量が多すぎるし、行間が詰まっているのも読みづらいのです。

このように、そこには電子書籍ならではの編集が必要だと感じています。

 

個人が出版社になれる時代

そもそも紙の書籍と電子書籍は、異なるメディアだと考えたほうが良いのだと感じています。

そして、電子書籍ならではの編集や新たな価値を付与することで、電子書籍の価値が高まるのだと考えています。

 

電子書籍は、まだまだ発展途上の段階です。

しかし、個人にとっては、このAmazonというプラットフォームを利用し、セルフパブリッシングを通じて、自分のコンテンツを販売し、売る仕組みはこれまでになかったほど革新的です。

 

このプラットフォームを活用しない手はありません。

このプラットフォームを活用して、まさに個人が出版社になれる時代になったのです。

 

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。