桜の季節の円覚寺(北鎌倉)散歩

JR横須賀線「北鎌倉駅」 から徒歩1分。

桜舞い散る円覚寺を訪れました。

鎌倉時代後半・弘安5年(1282)、ときの執権北条時宗が中国・宋より招いた無学祖元禅師により開山された円覚寺。

寺院建立の際、土を掘っていたら、土の中から大乗経典の「円覚経(えんがくきょう)」が出土したことから、円覚寺と命名されたそう。

また訪れたくなる素敵な禅寺でした。

 

【関連記事】写真で見る桜の季節の建長寺(北鎌倉)散歩

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。