DM6に学ぶ「フェイクイット」

前回は「目標を設定する」について書きました。

【関連記事】

1-1 潜在意識の現状維持メカニズム

1-2 成功グセをつける

1-3 目標を設定する

 

今回のテーマはFake It! Until You Make It!です。

 

Fake It! Until You Make It!

「目標を実現した姿をできるだけリアルにイメージしてください」

 

自己啓発などでもよく言われることです。

しかし、それって、実際やろうとすると難しいですよね。

 

そこでセラピストの石井裕之さんが提案しているのが、「Fakei it」という概念です。

 

ここで言うFakeとは、「演じろ」という意味です。

Itは、「自分の夢や目標」を指します。

 

つまり、「Fake It! Until You Make It!」とは、「目標を実現するまで演じ続けろ」という意味なのです。

 

本田宗一郎や孫正義もフェイクイットしていた

成功者になれと言っても難しい。

しかし、成功者を演じることはできます。

 

ホンダの創業者・本田宗一郎だって、うまくいっていない時から、みかん箱の上に立って、「世界のホンダ」と言っていました。

孫正義だって、創業当時、アルバイト2名と事業をはじめた時から、「売上を豆腐のように1丁(兆)、2丁(兆)と数える企業になる」と言っていました。

 

そして、それが現実となりました。

まさにフェイクイットです。

 

このように成功者は、みなフェイクイットからはじめているのです。

 

私の実践的コーチングバイブル

私も独立する前から、このフェイクイットの話を聴き、意識して実践していました。

このフェイクイットの話は、ぜひ石井裕之さんから直接音声で聞いてもらいたい内容です。

 

あなたもぜひ実践してみませんか?

ダイナマイトモチベーション6か月プラグラム(DM6)

 

DM6は、聴くほどにまた新たな氣づきがある「私の実践的コーチングバイブル」です。

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。