スティーブ・ジョブズが毎朝自分に投げかけていた質問

Apple社を創設し、MacやiPhone、iPadを生み出した伝説の事業家、スティーブ・ジョブズ。

そのスティーブ・ジョブズは、毎朝鏡の向こうの自分にこう投げかけていたそう。

 

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?

 

そして、この質問に対して、「NO」と答える自分がいれば、今自分がやることを変えていったそうです。

 

やりたいことをやるからこそ、エネルギーが湧くもの。

やりたくないことをやって、人生うまくいくはずがない。

 

私にもそういう信念があります。

 

質問は思考のフォーカスを生み出します。

あなたもぜひ質問を活用してみてください。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。