人生の流れを止めているもの

悩みの多くは、大きくはこの二つに分類されるのかもしれません。

 

「望んでいるものが手に入らない」

「手に入れたものを失いたくない」

 

それは、あらゆるジャンルにおいて言えることです。

仕事、パートナー、お金、健康、・・・

 

私たちは、さまざまなものを望みます。

・やりがいのある仕事がしたい

・理想のパートナーが欲しい

・できるだけたくさんのお金が欲しい

 

この望むものがなかなか手に入らないことで私たちは悩みます。

しかし、望むものが手に入ったら入ったで、次に出てくる悩みがあります。

 

それが「失うことに対する恐れ」です。

 

望むものが手に入ると、次の更なるものを望みます。

そして、それと同時に、失うことに対する恐れも生まれてくるのです。

 

「望んでいるものが手に入らない」

「手に入れたものを失いたくない」

このどちらにも共通するキーワードがあります。

 

それが「執着」です。

 

執着すればするほど悩みは深くなります。

執着は、その対象がなんであれ、自然のリズムから人間を引き離すと言います。

 

そして、この「執着」こそが人生の流れを止めるのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。