漠然とした不安に明かりを灯す

不安とは、漠然としているからこそ、不安に思うものです。

真っ暗な部屋に入るのが不安なように、見えないものには恐れを感じるものです。

 

もしあなたが何かに不安を感じているのであれば、あえて一度不安と向き合ってみてください。

そして、その漠然とした不安を目に見えるカタチに変えてみてください。

 

たとえば、お金について不安を抱いているのであれば、まずはお金を流れを明らかにしてください。

現在の資産、そして、収入と支出を書き出してみてください。

現在のお金の状況、そして、今後の計画としっかり向き合ってみてください。

 

そうやって、目に見えるカタチとして見てみると、ただ不安な状態とは違った感覚を感じるはずです。

 

これはお金の不安に限りません。

あなたが何か漠然とした不安を感じているのであれば、それを具体的な目に見えるカタチに変えてください。

 

部屋を明かりで照らすように、漠然とした不安を明かりで照らしてください。

 

そうやって、不安に明かりを灯せば、恐れることなどないのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。