モチベーション革命に学ぶ「人から応援をたくさん受ける人の特徴とは」

モチベーション革命(尾原和啓 著)を読んで、心に響いた箇所をシェアします。

人工知能革命の時代においても変わらない仕事の本質

今後「人工知能革命」が加速していくと、単純作業のような仕事はどんどんAIが担っていくことになっていきます。

では、人が仕事をしていくうえで、どんなことが大切になっていくのか。どんな仕事なら、ロボットに代替されることなく、持続していけるのでしょうか。

シンプルな言い方をするならば、それは「他人から感謝されて、お金をもらえること」です。一見当たり前のようなことですが、これこそがどんな時代が来ても永遠に変わらない仕事のルールです。

そんな仕事をするうえで最もハッピーなことは、「自分にとっては好きで楽にできることと、相手にはできないこととが嚙み合うこと」です。「こんなに楽で楽しくできることで、相手にお金ももらって、感謝をされるなんて!」と思えることです。

仕事をしていて、これほど幸せな瞬間があるでしょうか? ということは、これからの仕事で大事なのは、自分にとって得意なことで、いかに相手にとって「有ることが難しいこと」を探し当て続けるか、ということなのです。

あなたにとって好きで楽にできることはなんでしょうか。

モノがなかった時代においては、物質的な豊かさを求めて、私たちは一生懸命働いてきました。

そして、その多くの人の頑張りがあって、産業革命、情報革命を経て、私たちは人工知能革命の時代に入りつつあります。

人工知能の時代においては、モノはロボットが生み出していってくれます。

だからこそ、これから私たちは、もっと自らの喜びのために仕事をしていって良いのではないでしょうか。

 

他人から見れば非効率かもしれないけれど、どうしてもやりたいことは何か?

これからは「他人から見れば非効率かもしれないけれど、私はどうしてもこれをやりたい」という、偏愛とも言える嗜好性を、個人がどれだけ大事に育て、それをビジネスに変えていけるかが資本になっていくのです。

日本の人工知能の権威、東大の松尾豊教授が、こんな話を聞いたそうです。

「昔の資本は筋肉でした。肉体労働を集約できることが強かった。それが蒸気機関の発明で追いやられて、今の資本は頭脳になった。そして頭脳は人工知能によって効率的な仕事に追いやられて、次の資本は非効率を産業としていく嗜好になっていくのです」。

これを受けて教授は「自分が何を好むのかという情報はこれから価値になります」と語っています。

先の見えない、この変化の時代において間違いなく言えること。それは、一見非効率に見える人間の「好き」を突き詰めて、その「好き」に共感する人が「ありがとう」とお金を払ってくれる〝偏愛・嗜好性の循環〟こそが、残っていくということです

何かを好きになろうと思って、好きになれるものではありません。

あなたの好きは、あなたに与えられた人生の役割です。

だからこそ、あなたはあなたの好きを追求していって良いのです。

 

人から応援をたくさん受ける人の特徴とは?

あなたが持っているモノ・スキル・時間を、今までよりほんの少し多めにシェアリングしてみましょう。 その評判がたまっていくと、あなたも人からシェアリングを受けられるようになっていきます。

人から応援をたくさん受ける人の特徴はなにか?

SHOWROOM代表取締役の前田裕二さんは「コツコツとやること」だと言います。 たとえ歌い手がヘタだとしても、コツコツと好きなことに打ち込み続ける姿は共感を呼び、つい応援したくなる気持ちにさせるのです。

好きなことに打ち込む熱量は、見ている人を元気にします。これがAIやロボットによってあらゆる作業が効率化されていくなかで、人に残された大事な役割です。

好きなことは、必ずしも得意なこととは限りません。もしかしたら、うまくできないからこそ、飽きずに続けられることもあるかもしれません。

これをやって何の意味があるのか、やり続ければお金に変わるのか、そんな考えを一度脇に置いてみませんか?

もしからしたらそこに、あなただけの豊かさがあるかもしれません。

 

本書は、Kindle Unlimitedで読むことができます。

 

あなたの氣づきのきっかけになれば幸いです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。