この問題は私に何を教えてくれているのだろうか?

問題はチャレンジです。

あなたの成長のためのチャレンジです。

 

問題をただ苦しいものと捉えてしまったら、ただ苦しいだけのものになります。

しかし、その目の前の問題は私に何かを教えてくれているものだとしたら、新たな視点が見えてきます。

 

人は問題を通じて、学ぶことができます。

問題があることで、深く学ぶことができるのです。

 

お金の問題にぶつかったら、お金について学ぶとき。

健康の問題にぶつかったら、健康について学ぶとき。

人間関係の問題にぶつかったら、人間関係について学ぶとき。

 

「この問題は私に何を教えてくれているのだろうか?」

 

この問いから新たな視点が見えてきます。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。