SEOの本質「質の高いコンテンツを提供しよう」

SEO(検索エンジン最適化)の学びを深めるために、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考に、SEOについて学んでいます。

【関連記事】

SEOの基礎「適切なページタイトルを付ける」

SEOの基礎「descriptionメタタグを設定しよう」

SEO対策「シンプルなURL構造を維持する」

SEO対策「パンくずリスト」と「サイトマップ」の活用

 

今回のテーマは、「質の高いコンテンツを提供しよう」です。

 

質の高いコンテンツを提供しよう

良いコンテンツに出会ったユーザーは、自らのブログやSNSを活用し、そのコンテンツをシェアしてくれるかもしれません。

そうやって、魅力的なサイトは自然発生的に拡がっていく可能性があります。

 

SEOの本質は、質の高いコンテンツにあります。

そのためにも、サイトでは魅力的なコンテンツを提供することが重要です。

 

しかし、いくら良いコンテンツを作っても、そのコンテンツの存在を知ってもらわなければクチコミは発生しません。

そのためには、SNSを活用したり、検索エンジンによってキーワードで見つけてもらう必要があります。

 

検索行動の多様性を意識する

たとえば、花の購入を検討している人が検索エンジンを活用したとします。

 

ある人は「ガーベラ」「ラナンキュラス」など、花の名前で検索するかもしれませんし、ある人は「花束」「プレゼント」など、その目的で検索するかもしれません。

そうやって、検索行動の多様性を意識することも重要です。

 

また、そのキーワードを検討する際には、Googleの公式ツールを活用することもできます。

 

「キーワードプランナー」や「Google Analitics」を活用する

あるキーワードの検索回数や関連ワードを調べるには、「キーワードプランナー」が便利です。

キーワードプランナーは、Google Adwardsの広告出稿に活用するためのツールですが、該当キーワードの検索回数やそのキーワードと関連性の高いキーワードを調べることができます。

キーワードプランナー

 

また、「Google Analitics」という分析ツールを活用することで、自分のサイトにどのような検索ワードで訪れているかを調べることもできます。

Google Analytics

 

これらのツールを活用することで、キーワードの分析が可能となります。

 

ウェブサイトは、改善の繰り返しによって、より良くなっていきます。

そのためには、現状を分析することからはじまります。

 

私も日々分析しながら、改善に取り組んでいます。

 

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。