SEO対策「シンプルなURL構造を維持する」

URLの構造を改善しよう

Google社によって、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」というものが提供されています。

SEOの学びを深めるために、このガイドからテーマを一つずつピックアップし、あらためてSEOについて学んでいます。

 

【関連記事】

SEOの基礎「適切なページタイトルを付ける」

SEOの基礎「descriptionメタタグを設定しよう」

 

今回のテーマは、「URLの構造を改善しよう」です。

 

シンプルなURL構造を維持する

Google社は「シンプルなURL構造」を推奨しています。

コンテンツに関連するガイドラインにも下記のことが明記されています。

 

シンプルなURL構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

シンプルで論理的かつ人間が理解できるもの

URLは、IDや数字よりも「シンプルで論理的かつ人間が理解できるもの」を推奨していることから、私も記事に関連する単語でURLを構成しています。

 

WordPressを活用して場合には、パーマリンクを下記のように設定します。

https://shinoshin.com/%postname%

 

さらに、記事を編集する際、その都度スラッグに記事に関連する英単語をハイフンでつなげ、シンプルなURLにするようにしています。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ソーシャルメディアスクール

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。