手紙屋に学ぶ「夢を叶えることができた人の理由」とは

「手紙屋」 〜僕の就職活動を変えた十通の手紙(喜多川泰 著)

 

世の中にはとても多くの、夢を実現した人が存在します。

そして、それよりもはるかに多くの、夢を実現できなかった人がいます。

 

夢を叶えることができなかった人たちが、その理由を自己分析すると必ずこういう答えが返ってきます。

「私には才能がなかった」

 

一方で、夢を叶えることができた人たちが、その理由を質問されると答えはどうなるかわかりますか?

不思議なことに、これもみんな同じなんです。

「どうしてもやりたいことを、情熱を持って続けてきただけです」

 

私たちは「才能」を探しがちです。

どこかに才能というものがあるかのように、「才能がある」とか「才能がない」とか言ってしまいます。

 

しかし、才能があるかないかなんて、はっきり言えるものではありません。

あると思えばあるし、ないと思えばない。

それは、他人が決めることでもないし、自分でもわからないものです。

 

しかし、情熱は、はっきりあると言えるものです。

「才能はないかもしれませんが、情熱はあります」と言えるものです。

 

才能は受動的なものですが、情熱は能動的なものです。

だからこそ、成功の拠り所になるのかもしれません。

 

 

関連記事:私の才能はどこにある?

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。