今に心を込めること

「考える」という行為は、過去か未来に向かうもの。

「感じる」という行為は、今にいること。

 

恐れや後悔の思考に捕われてしまったら、その思考から離れる。

考えるという行為からシフトして、今ここにあるものを感じる。

 

人生はいつだって今しかない。

できることはひとつだけ。

 

今に心を込めること。

 

篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。