最悪の場合どうなるだろうか?

最悪の場合を想定することに抵抗がある人もいるかもしれません。

最悪のことを考えてしまったら、それを引き寄せてしまう、と。

 

本当にそうでしょうか?

 

最悪の場合を想定することは、実は安心感を生み出す行為でもあるのです。

 

一旦、最悪の場合を想定してみる。

しかし、もしそうなったとしても、なんとかなるだろう。

 

そう感じられることで、自分の中に安心感が生まれます。

その安心感が、安心の波動を生み出すのです。

 

逆にそこをずっと見ないようにしていると、いつまでも不安なままです。

 

最悪のことを考えるから、最悪のことが起こるわけではありません。

いつも不安な状態でいるからこそ、それを引き寄せるのです。

 

あらゆることを想定してみてください。

あらゆることを想定して、自分の中に安心感を生み出すのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。