実際に行って実感したおすすめパワースポット!戸隠神社(長野県)編

人々の魂の岩戸を開き、自らを輝かせてくれる神社

霊山・戸隠山のふもとに建てられた戸隠(とがくし)神社は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなり、創建以来二千年余りの歴史を持つ由緒ある神社です。

「天の岩戸」が飛んできて戸隠山になったという伝説が、戸隠神社のはじまりとされています。

御祭神は、神話「天岩戸開き(古事記)」と関わりの深い神々。

戸隠の御神徳とは、まさに「人の魂の岩戸開き」なのかもしれません。

 

奥社に続く参道は、樹齢400年を超える杉並木の道が続きます。

戸隠神社参道

冬の時期、人も少なく、さらに神秘的な道となります。

冬の戸隠神社参道

 

冬の時期は、とりわけ山深い場所に位置する奥社と九頭龍社は完全に雪に閉ざされてしまいます。

一年のうち、約四ヶ月もの間、外界との接触を断つことで、境内はすっかり浄化され、そのため今も太古の昔と変わらない高い氣を保ち続けます。

この氣の存在が、戸隠という地を、祈りがよく通る、貴重なパワースポットたらしめているのだと言われています。

 

先ほどの杉並木の道から外れて、しばらく歩いて行くと、戸隠連峰を映し出す「鏡池」があります。

戸隠神社鏡池

その途中、戸隠連峰の幻想的な景色が出迎えてくれました。

戸隠連峰

また、宇宙船の降り立つような場所にて、このような不思議な写真が撮れました。

戸隠神社の不思議な光

 

この戸隠神社に関して、「日本全国 このパワースポットがすごい!(若月佑輝郎 著)」にも、このように書かれています。

戸隠神社に何度も訪れていると、必ず「覚醒」という道が開けてきます。

実際に行ってみて、土地のパワーを感じ取ると、自我や傷ついた意識で覆われていた魂を解き放つ、岩戸開きのエネルギーをいただくことができるでしょう。

 

あなたもぜひ一度、戸隠神社を訪れてみてはいかがですか?

戸隠神社

戸隠神社の御祭神

奥社:天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)

中社:天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)

宝光社:天表春命(あめのうわはるのみこと)

九頭龍社:九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)

火之御子社:天鈿女命(あめのうずめのみこと)

 

戸隠神社の所在地

長野県長野市戸隠3506

戸隠神社 公式ページ

 

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。