波動を意識して空間に働きかける

量子論では、宇宙は素粒子の集まりでできていると言われています。

 

私たちの身体も、身近にあるさまざまな物質も、素粒子という小さなエネルギーの粒が集まってできていると言われています。

それは目に見えるものだけではなく、目に見えないものも含めてです。

 

そして、それは不思議な特徴を持っており、物質でもあり、非物質でもあるそうです。

つまり、状態によって、物質にもなったり、非物質にもなったりするのだそうです。

そして、非物質の状態の時を「波動」と呼ぶのです。

 

それに従えば、空間とは、空っぽな領域なのではなく、素粒子というエネルギーの粒がいっぱい詰まった領域なのです。

空間を何もない領域だと考えていると、何もないから何も変化しないと思うでしょう。

しかし、空間という領域に、素粒子というエネルギーの粒がぎっしり詰まっており、人の意識によって変化すると考えるとどうでしょう。

実際、それは観測者の意識によって変化するというのです。

 

だから、人が空間に働きかけることによって、あなたの世界は変化していくのです。

その空間への働きかけが、思考であり、言葉なのです。

 

そして、その思考や言葉を通じて、あなたが発している波動が、あなたの世界を創るのです。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。