ワードプレスを活用したウェブサイト構築の手順

今回は、WordPressを活用したウェブサイト構築の手順について、ご説明いたします。

サイトの構築にあたっては、以下の10のステップの流れで進めていきます。

 

WordPressサイト構築手順

【ステップ1】ドメインの検討

ドメインとは、例えば、このサイトであれば「shinoshin.com」など、自分専用のアドレス(URL)のことです。

誰かが使用しているドメインは使えないため、まずは空きドメインを検索し、独自ドメインを決定します。

空きドメイン検索

 

【ステップ2】レンタルサーバーの契約

独自ドメインでWordPressサイトを構築するには、WordPressをインストールし、文書や画像などのデータを格納するサーバーが必要になります。

大企業では自社でサーバーを保有することも多いですが、個人や中小規模の企業では、レンタルサーバーを借りて、運営することが一般的です。

私が利用しているのは、エックスサーバーというレンタルサーバーです。機能面にも優れ、わかりやすく、WordPressのインストールも簡単にできます。

プランとしては、コスト面にも優れたX10プランで良いと思います。

ex. エックスサーバー(X10プラン):初期費用3,240円 + 月額1,296円

【私も使用しているおすすめサーバー:エックスサーバー】

 

【ステップ3】ドメインの取得

サーバー契約完了後、ステップ1で決定したドメインを取得します。

イメージで表現すると、ドメインは土地、サイトは家。

まずは土地(ドメイン)を確保します。

 

【ステップ4】WordPressのインストール

ステップ3で確保したドメインに、WordPressをインストールします。

これで、ひとつの家(サイト)の骨格が出来上がります。

次に外観を作っていきます。

 

【ステップ5】テーマの決定

テーマとは、サイトの見た目のデザインのこと。テンプレートとも言います。

WordPressの初期設定のテーマを利用することもできますが、世界中の技術者が制作した有料・無料のテーマを利用することもできます。無料でも良いテーマがたくさんあります。

別途、おすすめのテーマについても、このサイトでご紹介していきます。

 

【ステップ6】一般設定

WordPressにおける一般的な設定を実施します。

 

【ステップ7】プラグインのインストール

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのプログラムのことです。このプラグインを通じて、WordPressをカスタマイズしていきます。

別途、おすすめのプラグインについても、このサイトでご紹介していきます。

 

【ステップ8】ウィジェット設定

ウィジェットとは、WordPressサイトの画面構成のプログラムのことです。

画面のサイドやフッター(画面下)の設定をします。

 

【ステップ9】メニュー設定

サイト内の記事やサービスをわかりやすく見てもらうために、メニューを設定します。

 

【ステップ10】投稿作成・固定ページ作成

投稿ページと固定ページを活用して、サイトに記事を投稿していきます。

 

このように、10個のステップにしたがってサイトの構築を進めることで、あなただけのオリジナルサイトが完成します。

 

サイト制作にあたって、ワンポイントでサポートが必要な場合には、ご連絡ください。

ソーシャルメディアスクール

 

また、ご自身でサイトを作るのが難しい場合には、こちらのメニューにてサポートいたします。

WordPressサイト制作サービス

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。