ワードプレスブログを構築するには、まずは「ドメインの検討」から

ドメインを検討する

ドメインとは、インターネット上のウェブサイトの住所にあたるものです。

例えば、このサイトであれば「https://shinoshin.com」の「shinoshin.com」にあたる部分がドメインと呼ばれています。

 

独自ドメインを取得するとは、インターネット上に自分専用の住所を確保するということです。

誰かが使用しているドメインは使えないため、まずは空きドメインを検索し、独自ドメインを決めていきます。

 

「.com」「.net」「.jp」が一般的

その際、二つの検討が必要になります。

まず一つ目が、ドップレベルドメインと呼ばれるドメイン(.com/.net/.jpなど)をどれにするかです。

domain2

 

それぞれ以下のような意味があります。

.com:commercial(商用)を意味する。取得制限は特にありません。

.net:network(ネットワーク)を意味する。取得制限は特にありません。

.jp:japan(日本)を意味する。取得制限は、日本国内に住所を持つ個人や組織であること。

.co.jp:日本企業を意味する。取得制限は、日本国内で登記された企業であること。

 

個人のサイトであれば、.comや.netまたは.jpあたりが一般的かと思います。

ただし、.comや.netより.jpの方が、価格が少し高くなります。
(.com/.netは年間1,620円、.jpは年間5,400円 ※エックスサーバーの場合)

 

【私も使用しているおすすめサーバー:エックスサーバー】

 

ドメインのネーミングを決める

次に、第3レベルドメインと呼ばれるドメインをどのようなネーミングにするかを決めます。

基本的には、サイトの内容を表現する文字列で、あまり長すぎず、覚えやすいものが良いかと思います。

有名な企業やサイトのドメイン名を参考にするとイメージしやすいと思います。

 

こちらで空きドメインの検索ができるので、ぜひいろいろ入力して、検討してみてください。

空きドメイン検索

 

また、法人の設立を検討している方は、企業名を検討する際に、あわせてドメイン名も検討しておいてください。

企業名は重複することがあるので、自分の使いたいドメインが空いているかどうかを事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

どうぞご参考にしてください。

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

WordPressサイト制作サービス

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。