ワードプレスのパーマリンク設定は「postname」のみが良い理由

「パーマリンク」とは、ウェブサイトのページごとの個別URLのことです。

永久的を意味する「パーマネント(permanent)」と「リンク(link)」を掛け合わせた言葉です。

 

WordPressでは、パーマリンクの初期設定は「https://shinoshin.com/?p=123」のように記号と数字の組み合わせになっていますが、これを自分の好きなURL構造に変更することができます。

 

Googleのコンテンツに関するガイドラインというものがあります。

そこには下記のような記載があります。

・シンプルなURL構造にすること。

・できるだけIDではなく、意味のある単語(キーワード)で構成すること。

 

このガイドラインの観点で考えると、パーマリンクは「%postname%」が良いと考えます。

このように設定することで、ガイドラインでいう「シンプルなURL構造」と「意味のある単語(キーワード)の構成」を同時に満たすことができます。

 

カテゴリも含めて、「カテゴリ名+記事名(/%category%/%postname%/)」がベストだという人もいますが、私はあまりおすすめしません。

なぜならば、ブログは運営していくうちに、カテゴリの構成を変えたくなることが多いからです。

それを考えると、パーマリンクは、自由に変更可能な「%postname%」のみが良いでしょう。

 

WordPressの場合、管理画面の「設定>パーマリンク設定」からパーマリンクを変更することができます。

「カスタム構造」にチェックを入れて、自分の好きなURL構造に変更することができます。

先のように「%postname%」をパーマリンクにする場合は、下記の画像のように設定します。

 

記事名をパーマリンクに設定した場合は、記事を書くごとに「スラッグ」に英字でキーワードを設定する作業が必要になります。

それを少し手間だと思う方もいるかもしれませんが、実際やってみるとたいした手間ではありません。

記事を作成した際には、SEOを意識して、記事に関連するキーワードを含めて設定するようにしてみてください。

 

そして、パーマリンクに関して、もっとも注意すべき点は、「一度決めたら変更しないこと」です。

だから、パーマリンク(永久的なリンク)なのです。

 

ページの評価は、URLにひもづいているので、パーマリンクを途中で変更してしまうとページの評価はゼロになってしまいます。

また、フェイスブックやツイッターなどのSNSを通じて、さまざまな場所でサイトのリンクを貼った場合、パーマリンクを変更してしまうとそれらのリンクがすべて無効になってしまいます。

 

だからこそ、パーマリンクは、一度決めたら変更しないこと。

どうぞご参考にしてください。

 

あなたのパーソナルコーチ
篠原伸介

ABOUTこの記事を書いた人

パーソナルコーチ。株式会社SKIP 代表取締役。システム開発会社にて通信分野のシステム開発・企画を経て、独立。パーソナルコーチングの他、個人や企業のメディア戦略をサポートしている。